コンテンツ一覧

ポップ

抑えておきたいポイント

チラシ印刷の費用は納期と用紙の種類によって大きく変わって来ます。例えば同じ1万枚の印刷でも納期と用紙が異なれば倍以上の差が生じるケースもあるのです。計画的な発注とリーズナブルな用紙を選択する事で限りなく費用を抑える事が可能となります。

紙

印刷物の作成方法

小ロットでも注文できることや、クーポンなどが付いたデザインも選べる点が、人気のあるチラシ印刷業者の特色です。宣伝の目的に合わせてパンフレットやカタログを作成したり、試し刷りのサービスを利用するのが、より良い印刷物を手に入れるコツです。

インク

業者選びは慎重に行おう

チラシ印刷業者を選ぶ際に気をつけたいのが自社に最適なサービスが提供されているか否かです。どんなに著名な業者でも必ずしも自社に最適なサービスが提供されているとは限らないのでしっかりと見極めましょう。また、業者によって費用が大きく異なるので費用面も要注意です。

チラシ

激安業者も多い

チラシ印刷は企業でも個人でも利用することがあります。専門業者を把握しておきましょう。費用が安く、迅速に対応してくれる業者も増えてきています。それに、インターネットで手軽に発注できる業者が多くなってきているのも楽です。

印刷機

優れたデザイン力がある

チラシ印刷の業者には色々な場所があります。特に今人気があるのが、高い成果が期待できる場所です。デザインと印刷、ポスティングまで全てを一括して格安で行っています。依頼した後業績が驚くほど上がったという嬉しい声は多いです。

インターネットで探せる

フライヤー

希望にあった印刷所

チラシ印刷がしたい、と思ったらまず何をするべきでしょうか。企業などではもともと取引のある印刷所があるかもしれませんが、チラシ印刷だけに限って言えば、昔からの付き合いにこだわらないほうが、低コストで要望を実現してくれる印刷所が見つかるかもしれません。冊子印刷をしている印刷所の中には、製本作業は製本会社へ発注しているために、納期が長いところがあります。つまり製本会社との付き合いを続けるために、会社が必要としている経費が多くなっているのです。ところがパソコン全盛期になって生まれた印刷所の中には、最初からチラシ印刷に特化した業者があります。製本作業のことを考えないからこそ、納期は短く、コストも安く設定しているというわけです。そういう業者を探す方法は難しくなく、ただインターネットで検索単語としてチラシ印刷、安い、と入力するだけです。最低発注枚数が百枚だったり、価格が安かったりすれば、そこは発注してみる価値があると言えるでしょう。たいていのサイトでは、初めての発注はどうすればいいのか丁寧に解説されていますし、連絡先として電話番号も掲載されています。発注前に予約や内金が必要かどうかも明示されているはずです。場合によっては、作成したチラシをクライアントの許可を得てサイトで紹介していることもあるので、参考になるでしょう。原稿は既存のものでも新規作成したものでも受け付けてくれるところがほとんどで、別料金がかかるところも滅多にありません。